76日間でドイツ語をマスター 10倍速ドイツ語脳育成プログラム
lesson4: ト?イツ語て?あいさつ!



「伝説のドイツ語授業」と呼ばれた東大のノウハウをご紹介します。



この方法で49歳の日本人女性が中学1年生レベルの英語力しかなかったのに、76日後にドイツ人と日常会話ができるようになりました。



神奈川県の38歳の男性は経営している雑貨店の買い付けを現地で行えるようになりました。



京都府の大学生の20歳の女性は試験前にこの方法で勉強
をしたところ、文法が110点/120点、作文が満点になりました。



55歳の中卒男性は外国語を話せるようにはならないと思っていたのに、今は定年退職後に奥さんとドイツ語旅行を計画するほどの上達ぶりです。



ドイツ語は難解です。



ですが



短期間でドイツ語が話せるようになる方法があります。



この学習方法は東大の第二外国語のドイツ語授業で「伝説のドイツ語授業」と呼ばれていました。



この学習法のポイントは



?「日本語の文法」「ローマ字」「中学1年レベルの英語」を利用し、ドイツ語を効率的に勉強する。



?「○○という英単語だから、ドイツ語なら○○だろう。」「○○が日本語の文法だから、ドイツ語の文法の変化も○○のはず。」と言った思考回路。



?あなたが持っている英単語を“ある法則”でドイツ語にそのまま変換させる。



この�
疋ぅ銚豎惱�法で勉強すると、通常の10倍のスピードでドイツ語を身につけることができるのです。



この教材を1週間ほど試してみてください。



あなたの頭の中に約1週間程度でドイツ語の思考回路が作られるようになります。



続きを読む



76日間でドイツ語をマスター 10倍速ドイツ語脳育成プログラム
lesson4: ト?イツ語て?あいさつ!