10年間に渡り東大で教えられ続けていた伝説のドイツ語ノウハウがあります。



この勉強方法で、中学1年生レベルの英語力の49歳日本人女性でも76日でドイツ人と日常会話ができるようになりました。



38歳の神奈川県で雑貨店を営む男性は現地で買い付けをできるようになりました。



京都府の女子大生(20歳)は試験前にこのノウハウを使って勉強したところ、作文は満点に文法も110点/120点が取れました。



ドイツ語旅行を計画するほどにドイツ語が上達した55歳の男性は、元々中卒で外国語は話せるようにならないとあきらめていました。



文法が難しいドイツ語です。



しかし



短期間でドイツ語が話せるようになる方法があります。



この�
離Ε魯Δ蓮崚狙發離疋ぅ銚貅�業」と言われ、東京大学の第二外国語のドイツ語授業で行われていました。



この方法のポイントは



?「中学1年生レベルの英語」や「ローマ字」、「日本語の文法」を利用して、効率よくドイツ語を習得する。



?「英語の単語では○○というのだから、ドイツ語では○○のはずだ。」「日本語の文法が○○だから、ドイツ語の文法は○○に変化するはずだ。」 という思考回路。



?あなたが知っている英単語を“ある法則”でドイツ語にそのまま変換する。



この方法は通常の10倍のスピードでドイツ語をマスターする方法です。



この教材を1週間ほど試してみてください。



あなたの頭の中に約1週間程度でドイツ語の思考回路が作られるようになります。



購入はこちらから